プロ野球から高校野球などの情報や基礎・理論の解説

野球いいよね

野球 基礎と理論

バッティングの基本 その5

更新日:

こんにちは韋駄天の助です。

 

今回はバッティング練習の種類についてお話ししたいと思います。

 

バッティング練習には大きく5つあります。

 

1、素振り

2、トスバッティング

3、ティーバッティング

4、フリーバッティング

5、シートバッティング

 

では早速説明していきたいと思います。

 

1,素振り

 

素振りはボールを打たず、バットを振るだけの

非常にシンプルな練習方法です。

 

しかしただ単にバットを振り回すのではなく、

バッティングフォームからテイクバック、

スイングスピードや軌道などを確認しながら

丁寧に行うのが非常に重要になってきます。

 

見た目が非常に地味な為、素人目には効果に

疑問を抱く方も多いかもしれませんが

この練習がもっともポピュラーであり

選手によっては「バッティング=素振り」とまで

言う人がいるくらいですので、その効果は非常に大きいかと思います。

 

しかし自分主導で一人で練習することができますので、

練習の仕方によっては悪い癖がついてしまう危険もあります。

 

 

2、トスバッティング

 

この練習は二人一組で行う練習です。

 

具体的には短い距離からボールを投げてもらい、

ワンバウンドで打ち返すのが一般的であり、

ミートポイントとスイングの軌道を確認するための練習です。

 

プロ野球やメジャーリーグなどでは

シーズン中はあまりこの練習はしませんが、

アマチュア野球(小学生から社会人)では

キャッチボールの後に必ずといっていいほど

トスバッティングを行います。

 

 

3、ティーバッティング

 

この練習もトスバッティングと同じで二人一組で行う練習です。

 

練習方法はネットに向かって構え、

斜め前からトスを上げてもらって打つのが一般的な練習方法です。

 

見た目は地味ですが、様々な方法で練習ができますので

考え方ひとつで何でもできると言っていいほど

融通が利く練習方法でもあります。

 

ではどの辺りが融通が利くのかを具体的に説明しますと

トスを上げる高さやコースによって

ストライクゾーンを目一杯使った練習ができます。

 

またバットの握りやテイクバック、スイングの軌道、

ミートポイントの確認などを

トスを上げてもらう位置を変えることによって

確認ができる点が融通が利く優れた点だと言われています。

 

 

4、フリーバッティング

 

打撃練習の中で最も認知度が高い練習方法ですが、

フリーバッティングを「自由に打つ」という

間違った解釈をしている方も多いと思います。

 

ですがこれは守備体系をとらず、後方で打球を処理する、

言わば球拾いの状態でバッティング練習をすることを

フリーバッティングといいます。

 

この練習はピッチャーが実際に投げて打つ練習方法ですが、

やり方にはいくつか方法があります。

 

大きく分けると以下の3つです。

 

1つ目はピッチャーがマウンドから投げる

2つ目はマウンドの下から短い距離で投げる

3つ目はマシンを使ってのバッティング

 

これらの練習は基本的にグラウンドで行いますので

打球の飛距離や強さ、質などを確認することができます。

 

 

5、シートバッティング

 

この練習は実際に守備陣が各ポジションについて

マウンドからピッチャーが投げるという

 

試合を想定した実戦的な打撃練習です。

 

特にランナーを着けた練習ではエンドランやバント、盗塁など

より実践的な練習ができます。

 

また守りに関しても実際にバッターが打った打球を

捌くことができたり、

サインプレー、投内連係、牽制などの実践的な練習もできますので

多くのチームが時間を割いて練習するメニューの一つです。

 

バッティングは非常に奥が深く、

「絶対」とか「必ず」といったものは存在しません。

昔と今とでは考え方が大きく変わったものもあり

固定観念を持っての練習だけでは

上達を妨げてしまうかもしれません。

 

感覚を大事に練習することが何より大事かもしれません。

 

 

 

 

 

 

-野球 基礎と理論

Copyright© 野球いいよね , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.