プロ野球から高校野球などの情報や基礎・理論の解説

野球いいよね

打順

バッティングの基本 その8

更新日:

こんにちは韋駄天の助です。

 

今回は打順についてお話ししていきたいと思います。

(打順については結構長くなりますので

数回に分けてお話ししていきたいと思います)

 

打順には一番から九番まであり

それぞれに役割があります。

 

今回は一番バッターと二番バッターについて

お話ししていきたいと思います。

 

 

では一番バッターの役割について

 

一番バッター(トップバッター)は

足が速い選手が打つ打順というような

解釈をされている方が多いと思います。

 

決してそれは間違いではありませんが、

足の速さだけで一番バッターを選んでいるわけではなく、

最も重要視されているのは出塁率の高さです。

 

出塁する為にはまず選球眼が重要になってきます。

(選球眼とはストライクとボールの判別するために

能力のことを言います。)

 

出塁率を上げるためにはヒットを打つだけでは

なかなか難しいので、ボール球を見極めて

フォアボールで塁に出ることも重要になってきます。

 

ここで勘違いしてほしくないのは

「フォアボール=逃げ」ではないということです。

 

もちろん毎打席フォアボールで

塁に出られるわけではありませんので、

ヒットを打つ確率も求められる打順でもあります。

 

従ってバットコントロールの高さも要求されます。

 

言うまでもなく一番バッターは

チームで一番最初に打席に入ります。

 

そこで塁に出れば相手チームやバッテリーに

プレッシャーをかけることが出来ますし、

味方チーム全体にも良い影響を与えることになります。

 

従ってまずは出塁することが一番の仕事になり、

次に走力や盗塁の技術が求められます。

 

 

次に二番バッターについて

 

二番バッターのイメージというと「送りバント」の

イメージがあると思います。

 

そのイメージは間違いではありませんが

二番バッターの役割はそれだけではありません。

 

ランナーがいなければ、一番バッター同様に

出塁することが役割となります。

 

従って一番バッター同様にある程度

選球眼やバットコントロールや走力が

求められる打順でもあります。

 

しかし二番バッターは、

バントやヒットエンドランのサインが出ることが多く、

前にランナーがいると

なかなか自分のバッティングができません。

 

制限された打順でもありますので、

積極的にチームのために犠牲になる覚悟が必要になります。

 

最近の日本野球では

長打力のある二番バッターが増えてきています。

 

これがどのように作用していくのかはわかりませんが、

メジャーリーグでは昔から二番バッターに

中長距離バッターを起用することが多々あり、

それなりに結果も出ています。

 

また一塁ランナーの動きや右方向へのバッティングが多いので、

理想を言うなら二番には右バッターを置くのが

ベストと言えるでしょう。

 

基本的に上記で述べたように

塁上にランナーがいる状態で打席が回ってくると、

ベンチから様々なサインが出ることが多いと思います。

 

従って二番バッターは非常に制限された、

ある意味最も難しい打順と言えるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-打順

Copyright© 野球いいよね , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.