プロ野球から高校野球などの情報や基礎・理論の解説

野球いいよね

打順

バッティングの基本 その9

更新日:

こんにちは韋駄天の助です。

 

前回の続き、打順についてお話ししていきたいと思います。

 

今回は「打線の核」ともいえるクリーンナップについてです。

 

 

では三番バッターについて

 

三番バッターは一番バッターや二番バッターが塁に出たら

ランナーを返すバッティングが求められますし、

ランナーがいなければ、一番バッター的な役割も求められます。

 

また状況によっては、

一発ホームランで得点することも求められますので、

アベレージを残せるバットコントロールと

一発長打も狙えるパワーも求められる打順ともいえます。

 

一番バッター・二番バッターの出塁率が高いと

バントの可能性もありますが、

基本的にはヒッティングになりますので、

理想を言うなら左バッターが良いかと思います。

 

プロ野球やメジャーリーグを見てみますと、

歴史に残る選手や走攻守三拍子揃ったスター的な選手が多く、

総合的な能力が求められる打順とも言えるでしょう。

 

 

四番バッターについて

 

四番バッターの重要性や影響力は

野球を知らない人でも分かるくらい

最も知名度・認知度が高い打順であります。

 

四番バッターはランナーをまとめて返す長打力と勝負強さ、

また打線が沈黙しているときに

流れを変える一発長打が求められますので、

相手チームから最も恐れられる強打者が打つ打順であります。

 

従って精神力の強さやチームからの信頼が求められます。

 

ホームラン王や三冠王などの打撃タイトルを

獲得する選手の大半が四番バッターです。

 

近代野球では「繋ぎの四番」といって

ある程度の勝負強さがあれば、長打力に欠けていても

四番を任されることもあります。

 

しかし、四番バッターの醍醐味は何と言っても

試合を決める一振りではないでしょうか。

 

そう考えるとやはり一発長打が狙えるバッターを

四番バッターに据えたいですよね。

 

 

五番バッターについて

 

五番バッターは、三番バッター・四番バッターの

後ろを打ちますので、クリーンナップの中では

若干印象が薄くなることがあります。

 

しかし五番バッターは三番バッター・四番バッターが

倒れた後に回ってきますので、

長打力はもちろん、チャンスに強い勝負強さも求められます。

 

ランナーが溜まった状態で回ってくる可能性が高いので

打点王のタイトルが狙える打順でもあります。

 

 

時代が変わり、指導者によって

様々な考え方が存在します。

 

しかし今も昔も変わらずクリーンナップは

「チームの中心選手が打つ打順」であるということです。

 

このクリーンナップの選手たちが打てば

チームは盛り上がりますし、

何より相乗効果でチーム全体の打撃成績が向上したりします。

 

強いチームはクリーンナップがしっかりしていますし、

またクリーンナップがしっかりしたチームが

強いチームともいえます。

 

従ってチーム作りはまず、

「クリーンナップ(特に四番)を誰に任せるか」から

始めるといっても過言ではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

-打順

Copyright© 野球いいよね , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.