プロ野球から高校野球などの情報や基礎・理論の解説

野球いいよね

走塁

走塁の基本 その2

更新日:

こんにちは韋駄天の助です。

 

前回は走塁(ベースランニング)の

基本的な注意点をお話しさせていただきました。

 

今回は盗塁についてお話しさせていただきます。

 

「盗塁とは」

 

盗塁はランナーがリードを取り

ピッチャーが投球動作に入ると同時に

ランナーがスタートを切り、

次の塁を奪いに行く作戦です。

 

 

セカンドスチール(二盗)について

 

一塁ランナーがセカンドへ盗塁する、

二盗(セカンドスチール)が最も多い盗塁です。

 

この盗塁が決まれば

ランナーは得点圏に進むことができますので

攻撃側にチャンスが広がります。

 

しかしピッチャーの中には

一塁でランナーにプレッシャーをかけられるより、

セカンドに進塁してもらった方が

ピッチングに集中できるピッチャーも存在します。

 

従って、盗塁を狙える選手が一塁にいても

あえて盗塁は狙わず、

一塁でピッチャーにプレッシャーをかけることも多々あります。

 

またキャッチャーにとっても盗塁を警戒しすぎて

腰が浮いてしまい、キャッチングやリード(配球)に

影響が出てしまったりする選手もいます。

 

従って、ピッチャーだけでなくキャッチャーにとっても、

ファーストにランナーがいるよりもセカンドにランナーがいる方が

都合がいい選手もいます。

 

意外に思われる方も多いかと思いますが、

企画率や成功率が低い三盗(サードスチール)を狙うのは

よほどでない限りありえませんので、

ファーストランナーにプレッシャーをかけられるより

セカンドに進塁してもらった方が

バッターに集中できるバッテリーもいます。

 

 

サードスチール(三盗)について

 

ランナーがセカンドの時、

サードへ盗塁するのがサードスチール(三盗)であり、

ランナー2塁や1塁・2塁の時に取られる作戦です。

 

この作戦は成功すれば相手に与える影響は

非常に大きいですが、

サードスチール(三盗)は

キャッチャーからサードまでの距離が近いため、

上記でも述べたように企画数や成功率が低く、

失敗すれば得点圏上のランナーがいなくなってしまい、

攻撃側にとっては大きなダメージとも言えます。

 

従って、なかなか出しずらいサインでもあります。

 

盗塁は成功すれば得点圏にランナーが進むので

有意義な作戦ではあります。

 

しかし、ピッチャーからホームまでの距離や投球スピード、

キャッチャーのキャッチングからスローイングのスピードなどを

計算すると理論的にはほぼアウトになります。

 

従って盗塁(ストーレンベース)という名前の通り、

相手の隙をついて次の塁を狙わなければならない、

ある種の奇策ともいえる作戦の一つでもあります。

 

 

最後まで読んで頂き有難うございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-走塁

Copyright© 野球いいよね , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.