プロ野球から高校野球などの情報や基礎・理論の解説

野球いいよね

配球・リード

配球とリードの基本 その1

更新日:

こんにちは韋駄天の助です。

 

前回はランナーの打球判断について

お話しさせていただきました。

 

今回からは配球とリードについて、

お話しさせていただきたいと思います。

 

「その1」では「緩急」と「残像」についいてです。

 

「配球とリードとは」

 

多くの方が配球とリードを同じものとして

考えていますが、実際は違います。

 

配球はバッターの苦手・得意コース等の

データをもとにピッチングを組み立てていきます。

 

リードはピッチャーの性格から得意な球や苦手なバッターなどを

総合的に判断して、ピッチャーをリードしていきます。

 

分かりやすく言うと、

「配球はバッター基準」、「リードはピッチャー基準」

ということになります。

 

しかし、いずれにせよ配球やリードは

相手バッターを打ち取るために、

高低・コース・球種をピッチャーや

バッターとの兼ね合いを考えて、

ピッチングを組み立てていきます。

 

 

「緩急について」

 

野球においての緩急とは読んで字のごとく、

緩い(遅い)ボールと速いボールのことを言います。

 

この配球・リードには2つの考え方があります。

 

1、速球の後に緩い(遅い)ボールでタイミングをずらす。

2、緩い(遅い)ボールの後に速いボールで振り遅れさせる。

 

バッターのタイミングが合わなければ

打ち取れる確率が上がりますので、

このタイミングをずらす事を目的とした緩急は

使い方次第で非常に効果的と言えるでしょう。

 

またレベルが上がれば上がるほど、

バッターのタイミングをずらすために、

ストレートと変化球を織り交ぜながら

配球やリードを考えていきます。

 

従って、緩急とは配球やリードにおいて

最も基本的な考え方であると言えます。

 

また変化球が禁止されている少年野球や

変化球に慣れていないピッチャーなどが

ストレートとスローボールのみで緩急をつけて

バッターのタイミングをずらします。

 

 

「残像について」

 

残像は人間が近くで見た物に対し、

それが消えた後も

それまで見えていたものが

残って見えるような現象のことを言います。

 

緩急がタイミングをずらす事を目的としているなら、

残像は特定の球種を意識させる事を目的としていると言えます。

 

具体例を挙げますと、

バッターの目に近いインコース高めに早いボールを投げ込むと、

そのボールの残像がその後も残ります。

 

バッテリーはその残像を利用して

アウトコースを責めるというのが

残像を利用した最も基本的な配球やリードです。

 

また豪速球や切れ味の良い変化球も

バッターの目に残りますので、

こういった残像も配球やリードに効果的と言えます。

 

 

残像は緩急同様に最も基本的な配球やリードとも言えます

 

これは人間には誰しもある視覚現象の一つでありますので、

非常に有効的に使える配球やリードの一つと言えるでしょう。

 

 

最後まで読んで頂き有難うございます。

 


-配球・リード

Copyright© 野球いいよね , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.