プロ野球から高校野球などの情報や基礎・理論の解説

野球いいよね

配球・リード

配球とリードの基本 その2

更新日:

こんにちは韋駄天の助です。

 

前回は「配球・リード」における「緩急」と「残像」について

お話しさせていただきました。

 

今回は「順応」と「インコース(内角)とアウトコース(外角)について

お話しさせていただきます。

 

 

「順応」について

 

配球において気をつけなければならないのは「順応」です。

 

前回お話しさせていただいた「緩急」・「残像」は

配球やリードを考える上で、

最も基本的なことではありますが、

気をつけなければならないのは「順応です。」

 

緩急を使ってタイミングをずらしに行ったり、

特定のボールを意識させるために残像が残るような

配球・リードをしたりするのも

ワンパターンでは相手バッターも慣れてきますので、

それに対して順応してきます。

 

従って同じパターンで何度も攻めるのではなく、

いくつかのパターンを組み立てなければなりません。

 

ではそのパターンをいくつか紹介していきます。

 

 

「インコース(内角)とアウトコースの基本的な攻め方」

 

アウトコースで打ち取りたい場合

インコースを攻めて意識させる配球・リードがもっとも基本です。

 

しかし気をつけなければならないのは

ホームランバッターに対しての投球です。

 

ホームランバッターは引っ張り型の選手が多いので、

インコースは基本的に得意なバッターが多いです。

 

甘く入ると長打やホームランの可能性がありますので、

バッテリーも難しいところですが、

インコースを攻めないでバッターを抑えるのはもっと難しいです。

 

「残像」のお話をさせて頂いた時にも

説明させていただきましたが、

インコースは体に近いため「残像」が

非常に残りやすいです。

 

従って、前のポイントで打たなければならないインコースを

相手バッターが必要非常に意識したり、

また胸元付近の投球に対しては、

顔に近いため恐怖心などが出てきてしまいます。

 

そうなると、なかなか踏み込めなくなりますので、

アウトコースの配球がより効果的になります。

 

アウトコースはバッターから遠いので

踏み込ませなければ

長打やホームランの確率は下がります。

 

またインコースで打ち取る場合は逆の発想になります。

 

インコースで打ち取りたい場合、

アウトコースを攻めて意識させる配球・リードが最も基本です。

 

しかしここで気をつけなければならないのは

投球が甘くなることです。

 

アウトコースは少しでも甘くなると

長打・単打ともに確率が上がります。

 

その理由としては、

外目の甘い球は右ピッチャー左ピッチャー問わず角度的に見やすいのと、

真ん中からアウトコースのボールは、

後ろのポイントでも打てますので

ボールを見極める時間がインコースよりも長いです。

 

またホームランバッターや外国人選手は

大柄な選手が多いため、

甘いアウトコースのボールは長打の確率が上がります。

 

従ってアウトコースの場合は

とにかく低めを狙って投げることが重要になります。

 

 

配球やリードはいくつものパターンがありますので、

それをどのように組み立てていくかは

バッテリーの技量にかかわってきます。

 

 

最後まで読んで頂き有難うございます。

 

-配球・リード

Copyright© 野球いいよね , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.