プロ野球から高校野球などの情報や基礎・理論の解説

野球いいよね

配球・リード

配球とリードの基本 その5

更新日:

こんにちは韋駄天の助です。

 

前回は「右ピッチャーが右バッターの

アウトコースを攻める場合」について

お話しさせていただきました。

 

今回は「右ピッチャーが左バッターの

アウトコースを攻める場合」について

お話しさせていただきます。

 

 

「右ピッチャーが左バッターの

アウトコース(外角)をつく配球・リードと注意」

 

右バッターを相手にするのと同じく

アウトコースはバッターから遠いため

長打の確率は低くなります。

 

<左バッターのアウトコース(外角)を攻める場合の注意>

 

右ピッチャーが左バッターのアウトコース(外角)をつく場合、

気をつけなければならないのは

カーブやスライダーが甘くなることです。

 

アウトコースへのカーブやスライダーといった変化球は

まともにアウトコースのストライクゾーンを狙ってしまうと

真ん中付近に投げてしまう恐れがあるので、

慎重に投げることが重要になってきます。

 

またストレートを投げる場合も、

左バッターは右ピッチャーの投球フォームが

角度的に見やすいので、

球威が無ければ打たれる可能性が上がります。

 

基本的に左バッターの大半が右利きなので

左手の押し込みは右バッターより弱いので

アウトコースの長打率は低いです。

 

変化球で攻める場合は

アウトコースのボールゾーンからストライクゾーンへ

変化させる配球が有効です。

 

またランナーが一塁にいるケースでは

左バッターはライト方向へ引っ張ることを意識していますの

アウトコースの変化球は

引っ掛けて内野ゴロになりやすく

ダブルプレー(併殺打)に打ち取れる可能性が上がります。

 

しかしアウトコースはインコースと違って

恐怖心などがありません。

 

またアウトコースはインコースと違って

長くボールを見ることができますので

見極めがしやすいです。

 

従って、あまり続け過ぎると

踏み込んで打ちにきますので

気をつけなければなりません。

 

また上記でも述べたように

左バッターの大半が右利きですので、

左手の押し込みが弱いです。

 

従って、ストレートで攻めたい場合は

コースよりも球威が重要になってきます。

 

繰り返しになりますが

世の中は右利きが殆どなので

右ピッチャーが圧倒的に多いです。

 

そしてその右ピッチャーの投球フォームが左バッターには

角度・リリースポイント・球筋などが

非常に見やすいので配球・リードには気をつけなければなりません。

 

アウトコースの配球・リードは

上記でも述べたように恐怖心が無いため

続け過ぎると踏み込んで打たれます。

 

また逃げ腰とも捉えられる可能性がありますので

意図した配球・リードが求められます。

 

 

最後まで読んで頂き有難うございます。


-配球・リード

Copyright© 野球いいよね , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.