プロ野球から高校野球などの情報や基礎・理論の解説

野球いいよね

配球・リード

配球とリードの基本 その7

更新日:

こんにちは韋駄天の助です。

 

前回は「左ピッチャーが右バッターの

インコース(内角)をつく配球・リード」について

お話しさせていただきました。

 

今回は「左ピッチャーが右バッターのアウトコースを攻める場合の

配球・リード・注意」についてお話しさせていただきます。

 

前回でも触れたように

右バッターは左ピッチャーの投球フォームが角度的に見やすいため

リリースポイントや球筋が非常に見やすいです。

 

<左ピッチャーが右バッターのアウトコースを攻める場合>

 

右バッターが左ピッチャーの投球が見やすい理由は

「角度」にあります。

 

その「角度」が右バッターには非常に見やすく、

打ちやすい要因となっています。

 

しかしそのアウトコースの場合

その「見やすさ」が逆に感覚以上の距離を生み

遠く感じることとなります。

 

従って、その「見やすさ」を逆に利用することが

アウトコースの配球・リードの肝と言えるでしょう。

 

 

<カーブやスライダーを投げる場合>

 

カーブやスライダーといった球種は

まともにストライクゾーンを狙うと

甘くなってしまう可能性衣があります。

 

従って、カーブやスライダーを投げる場合は、

ボールゾーンからストライクゾーンへ変化させる

配球・リードがベストと言えるでしょう。

 

 

<フォークやスプリット投げる場合>

 

フォークやスプリットなどの落ちるボールは

ストレートと非常に似たリリースや球筋な上、

アウトコース低めに決まれば、

右バッターから最も遠い為、

非常に有効的なボールであると言えます。

 

しかしフォークやスプリットなどの落ちるボールは

すっぽ抜けた場合、

甘いコースに棒球を投げることになりますので、

左ピッチャーの投球が見やすい右バッターにとっては

これ以上ない絶好球となってしまいます。

 

従って、フォークやスプリットなどの

落ちるボールを要求する際は

とにかくワンバウンド覚悟で

低めに投げる必要性があります。

 

 

<ストレートを投げる場合>

 

ストレートを投げる場合はアウトコースの

ストライクゾーンぎりぎりに投げるのがベストです。

 

上記でも述べたように

左ピッチャーのアウトコースへの投球は

遠く感じるため、被打率が低く

またストライクかボールかの判別も難しくなります。

 

特にアウトコース低めのストレートは

バッターから最も遠いので確実性に欠けます。

 

従って、被打率が全体的に低く、

その中でも特に長打率が低いので

球威のあるストレートが

アウトコース低めに決まった場合、

バッターにとっては非常に脅威と言えるでしょう。

 

配球やリードにはセオリーは存在しますが、

絶対にこうでなければならないという法則はありません。

 

考え方によっては千差万別と言っても過言ではない為、

どのように配球・リードをするかは、

バッテリーで意思疎通を心がけなければなりません。

 

 

最後まで読んで頂き有難うございます。


-配球・リード

Copyright© 野球いいよね , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.