プロ野球から高校野球などの情報や基礎・理論の解説

野球いいよね

グラブ

グラブについて その2

更新日:

こんにちは韋駄天の助です。

 

前回はピッチャー用グラブについて

お話しさせていただきました。

 

今回はキャッチャーのグラブ、キャッチャーミットについて

お話しさせていただきます。

 

 

キャッチャーが使用するグラブは

キャッチャーミットと呼び、

誰もがイメージするグラブとは違い、

姿形が違います。

 

キャッチャーは特性上

他のポジションと比べて非常にハードな為、

マスクやプロテクターなどを着けて

守らなければならないポジションですので

当然使用するグラブも丈夫で大きいものを使用します。

 

 

<重さ>

 

キャッチャーはピッチャーの投球を

試合だけでも100球前後は受けなければなりませんし、

ホームでのクロスプレーなどにも耐えなければならない為、

非常に丈夫な作りになっています。

 

従って、グラブの中では最も重いものになります。

 

しかし近年ではストレートの球速が上がるだけでなく、

球種も増えていますので、

ワンバウンドなど、様々な投球に対して

幅広く対応しなければならなくなってきています。

 

従って、近年では軽くて操作性が高いミットを使用する選手も

増えてきました。

 

 

<大きさ>

 

キャッチャーはピッチャーの投球を捕球することが

一番の仕事です。

 

従って、ピッチャーの投球をしっかりキャッチするのに

適した形をしているため、

他のポジションのグラブとは作りが違います。

 

具体的にどのように違いがあるのかと言いますと、

ピッチャーの投球を受けとめる為に、

全体的に丸くて厚みのある形をしています。

 

またキャッチャーフライは

真上から落ちてくる上に、高く上がりやすく、

ボールの回転数がありますので勢いがあります。

 

従って、真上から落ちてくるフライは

取りにくく、また遠近感が掴みにくいので、

大きめのミットを使うのが一般的です。

 

内外野からのバックホームの際、

相手ランナーとの接触がありますので、

丈夫かつ長めに作られています。

 

近代野球では機動力・俊敏性・フットワークなども

求められるようになりました。

 

従って、それに応じた操作性の高い小ぶりなミットを

好む選手も増えていました。

 

 

<深さ>

 

上記でも述べたように、

基本的にキャッチャーミットは

ピッチャーの投球をしっかりキャッチするために、

深めに設計されています。

 

しかし近年ではスローイングのスピードが求められ、

従来より少し浅めのミットを使う選手も増えてきました。

 

しかし基本的にキャッチングが一番の仕事になりますので、

他のポジションのグラブと違って、

「形状・大きさ・深さ」は異なってきます。

 

 

最後まで読んで頂き有難うございます。

 

 


-グラブ

Copyright© 野球いいよね , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.