プロ野球から高校野球などの情報や基礎・理論の解説

野球いいよね

グラブ

グラブについて その4

更新日:

こんにちは韋駄天の助です。

 

前回はファースト(一塁手)が使用するグラブ、

ファーストミットについてお話しさせていただきました。

 

今回はセカンド(二塁手)用のグラブについて

お話しさせていただきます。


セカンド(二塁手)は

今と昔とでは考え方が多少違ってきていますので、

グラブもそれに合わせて変わってきています。

 

昔のセカンド(二塁手)はファーストまでの距離が短い上、

土のグラウンドが殆どだったので

小さいグラブを使用する選手が多かったです。

 

しかし近代野球ではスローイングに難がある選手が

ファーストまでの距離が近いことを理由に

セカンド(二塁手)を守らすケースが増えてきています。

 

また守備力以上にバッティングが重要視されてきている上に、

人工芝のグラウンドが非常に多くなってきましたので

グラブの大きさや形状が変わってきています。

 

 

<重さ>

 

セカンド(二塁手)は

素早いスローイングやグラブ捌き、グラブトスなど

俊敏さや器用さが求められるポジションなので、

コンパクトで軽いグラブが好まれています。

 

野球のグラブは定期的に手入れをしなければなりませんが、

手入れに使用するオイルが

グラブを重くする可能性がありますので

手入れを嫌う選手もいます。

 

 

<大きさ>

 

上記でも述べたように、

セカンド(二塁手)は

広い守備範囲・グラブ捌き・素早いスローイング・グラブトスなど

俊敏性や器用さが求められるポジションなので

コンパクトで軽いグラブが好まれます。

 

特にダブルプレーや二遊間寄りの打球は

素早く送球しなければならないので、

小さくて扱いやすいグラブが最適とされていました。

 

しかし近代野球では

守備力以上にバッティングが求められたり、

左バッターや人工芝の球場が増えてきていますので、

強烈な打球が飛んでくる回数が増えてきました。

 

従って、一昔前まででは使用することが無かった

大きいグラブを使用する選手が増えてきました。

 

 

<深さ>

 

セカンド(二塁手)用のグラブで

最も特徴的なのはポケット(捕球面)が浅いことです。

 

上記でも述べたようにセカンド(二塁手)は

広い守備範囲や俊敏さ・器用さが求められるポジションです。

 

その中でも特に

ダブルプレーや二遊間の打球は

動きとは逆の方にスローイングをしなければなりませんので

素早くスローイングをしなければなりません。

 

従ってポケット(捕球面)の浅いグラブを使用する選手が

多かったポジションです。

 

しかし上記でも述べたように

左バッターや人工芝の球場が増えてきましたので、

強烈な打球が飛んでくる回数が増えました。

 

従って、大きくて深いグラブを使用する選手が多くなりました。

 

 

セカンド(二塁手)は「守備の人」や「いぶし銀」と呼ばれるような

選手が多く、少し地味なイメージがありましたが、

近年では身体能力の高い選手やバッティングの良い選手が増え、

昔に比べて派手なポジションになってきました。

 

 

最後まで読んで頂き有難うございます。

 

-グラブ

Copyright© 野球いいよね , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.