プロ野球から高校野球などの情報や基礎・理論の解説

野球いいよね

野球場

野球場について

更新日:

こんにちは韋駄天の助です。

 

前回まではグラブについて

ポジション別にお話しさせていただきました。

 

今回からは野球場について

お話しさせていただきたいと思います。

 

 

<野球場について>

 

球場によってグラウンドの違いがありますので、

それによってオーダーや戦略が大きく変わってくる事もあります。

 

<土のグラウンド>

昔の野球場は土のグラウンドが殆どでした。

 

土のグラウンドはゴロの場合、イレギュラー多い上、

バウンドするたびに

打球の勢いが無くなりますので、

内野手は安定したフットワークや

グラブ捌きが求められます。

 

従って、守りの野球が求められますので、

特に二遊間は守備の良い選手を基準に

起用することが多いです。

 

<人工芝の球場>

 

一昔前までは土のグラウンドが殆どでしたが、

近年では人工芝の球場が増えました。

 

人工芝のグラウンドは硬さがありますので、

ゴロの場合、打球の勢いがあまり緩くなりません。

 

従って、内野手は足を使ったフットワークを使わなくても

打球が転がってきますのでポジショニングは深くなります。

 

その結果、イレギュラーや打球が緩くなったりすることが

少ないので多少守備に難があっても守れるようになりました。

 

従ってバッティングの良い選手を

積極的に起用するようになってきました。

 

<天然芝>

一昔前まで天然芝は外野のみで使われていましたが、

近年では内野でも使われるようになってきました。

 

天然芝は土のグラウンドと似ていて、

打球の勢いが無くなりやすいのが特徴です。

 

しかし芝生の手入れは非常に難しいため、

微妙に長さが異なったりします。

 

その結果、土のグラウンドではありえないような

不規則な打球が転がってくる事もあります。

 

アメリカでは天然芝が当たり前ですが、

日本ではあまり見受けられません。

 

その理由として挙げられるのは、

予算の問題と手入れ(グラウンド整備)が非常に難しいため、

なかなか導入されにくいのが現状です。

 

 

<マウンド>

土のグランドと人工芝のグラウンドでは

マウンドの土質も変わってきます。

 

土のグラウンドの場合、

フィールド内(内野)の土と同じ土が使われています。

 

従って、グラウンド整備をする際は

マウンドから円を描きながら整備していきます。

 

人工芝の場合の場合、マウンドやベース回りは土ですが、

それ以外は人工芝ですので、土があまり舞わないように

少し硬い土や粘土の高い土を使用したりします。

 

グラウンド整備の際、土のグラウンドのように

手間をかけることはありませんが、

水はけがあまりよくないので、

水の撒き過ぎには注意しなければなりません。

 

 

最後まで読んで頂き有難うございます。

 


-野球場

Copyright© 野球いいよね , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.