プロ野球から高校野球などの情報や基礎・理論の解説

野球いいよね

メジャーリーグ

アストロズ 青木がプロ初登板⁉

更新日:

 


https://baseball.sports.smt.docomo.ne.jp/mlb/playe...

 

メジャーリーグにヒューストン・アストロズに所属している青木宣親選手が、

ビックリ仰天、プロ初登板となりました。

 

<投球内容>

4―10で迎えた9回から6番手として登板し

1イニング(20球)を投げ、

1安打2四死球3失点(自責点3)という成績でした。

 

内容は、先頭の7番・トレイエス、8番・ウェードに対して

連続四球を与えて無死一、二塁のピンチになり、

続く9番・カーターに左中間二塁打を浴びて1失点。

 

無死二、三塁からガードナーの右犠飛でさらに1失点し、

1死三塁となってエルズベリーの遊ゴロの間にさらに1点を奪われました。

 

その後は徐々に制球が定まりだし

最後は最速78マイル(約126キロ)でヤンキースの

若手有望株・ジャッジを中飛に打ち取りました。

 

試合はヤンキースが13―4で勝ちました。

スポンサーリンク


 

<なぜ青木がマウンドに?>

 

メジャーリーグはメジャー登録選手が25人なので、

選手起用が日本よりも限定されます。

 

その中でも特にピッチャーは先発5人で回し、

中継ぎ・セットアッパー・抑えで合わせて7人ほどなので、

162試合を戦い抜くためには慎重に投手起用をしなければなりません。

 

従って点差がかなり開いた場合、

日本では考えられませんが

野手がマウンドに上がる光景もしばしば見受けられます。

<青木選手の投手経験は?>

 

実は青木選手は小学校から高校まで投手でした。

 

小学6年生の時に投手として県大会で優勝し、

中学時代はチームが弱かったので目立った活躍はありませんが、

高校時代は2年生からエースとなり、

3年生の春季大会では優勝を果たしました。

 

しかし高校時代に肩を壊し、

大学進学後は外野に転向することとなりました。

スポンサーリンク


 

-メジャーリーグ

Copyright© 野球いいよね , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.